初めての負荷試験、からの「もうやりたくない」発言

548FAC40-5947-43D6-8BF3-9791539D04D0.jpeg

皆さまこんにちは、アレルギーっ子を育てるフリーランス ママramoです。
え、このブログまだあったんだー!ってわたし自身もそんな状況です。

最近はTwitter一色で、いろんな情報も入ってくるし、
何よりアレルギーっ子を育ててる皆さんの心の叫びに共感することばかりで、
ブログ書かなくても…って思ってて。

でも一応、閉じずにこのまま置いておこうと思うの。
そして思い出した時に、こうしてたまに更新すると思います。はは。

スポンサーリンク

負荷試験しました


娘、初めての負荷試験をしました。
親は早くやらなきゃと気持ちばかりが焦って、
きっとその焦りが出ていたんでしょうね。

7月に予定していた負荷試験は、娘の体調不良で延期となり、
今月やっと実施できました。

小麦3分割で、2g→8g→30g。

娘は自宅負荷の「超熟1cm角」で顔色が悪くなり、
目の下にクマができるんですけど、
2g摂取後に案の定クマが。

ただまだいけそうってことで8gいきました。

どう?
「うん、なんか疲れたし気持ち悪いかも」

でも先生から「できそうなら次30gだけど、どうする?」
と聞かれて、本人が
「やる」
と。


やめておく方が良かったのかもしれません。

だいたい人生で30gの小麦なんて食べたことがない子です。

30gのあと「気持ち悪い、苦しい、起きていられない」となりました。


内服薬を飲んで横になって、しばらく休みました。

エピペンは使わずに済んだよ。


アナフィラキシー起きたら1泊入院って言われてて、
まぁ様子を見て大丈夫そうだったので日帰りで帰って来られましたが。

帰ってからもベッドで休む娘。

結局次の日学校に行けませんでした。


「もう負荷試験やだ」





このように言うようになりました。

この件ではTwitterでたくさん励ましていただきました。
ありがとうございます。

すっごく気持ちがわかるし、
しばらくは無理に進められないな、と思ってます。

想像以上のストレスだったようで。

次回の診察は親だけで行くことになりました。


はー。
小麦でコレだから、卵の負荷なんてしたら大変なことになりそう。
娘のメンタル的に。

体調もですが。


どうしたもんですかねぇ…

この記事へのコメント

スポンサーリンク