今度は米粉の食パンのレッスンに行ってきたよ!

EE8EB5FF-7B79-4D50-9E28-BBF884CD1613.jpeg

なぜ1日は24時間しかないのか?
そう思うわたしはキャパが狭いのか?
アレルギーっ子を育てる働くママramoです、こんにちは。


ちょっと仕事が立て込んでしまいまして、更新できずにおりました。
本業が忙しくなると、移動中も仕事のことばかり考えてしまう。

やっぱりあれです、キャパの狭さね。


さて、今日は米粉パンのお話。
昨年11月に、初めて米粉パンのレッスンというものに参加しまして。

その時の記事がこちらです。

【関連記事】
『米粉パンのレッスンに行ってきました!』


いやー、このレッスン、行って良かったです。
レッスンで思ったのは、
やっぱり習うと違う!!!ということ。

特に米粉パンを作る時の水分量のお話なんて、勉強になりすぎました。

スポンサーリンク



次のパンレッスンの機会を待ってました

そんなわけで、次の機会があれば、また絶対参加したいと思ってました。

しかし、なかなか予定が合わず。

今回やっと行けたので、そのレビュー記事です。


教えてくださる先生は、鵜浦章乃(うのうら あやの) 先生。

鵜浦先生のブログはこちら。
『ようこそ☆kaburaキッチン』

凛とした美人のあやの先生。
普段のお料理も素敵なんです。


前回はくまパンという超絶可愛いパンを習いましたが、
今回は食パンのレッスンです。

食パン。
サンドイッチとか普通に作れるやつ。

しかも、うすーくカットできるやつ!


米粉でパンを焼いたことのある方はわかると思うんですが、
米粉パンの食感って、小麦のパンとは違いますよね。

もっちり、どっしりな印象。

しかも、時間が経つとかなりパサパサになります。

今回の食パンは、時間が経ってもある程度ふわふわなんだそうです。


今回も米粉マイスター協会さんにて

会場は小田急線の経堂駅にある米粉マイスター協会

お洒落な住宅街で開かれるお教室、なイメージ。

みなさん、けっこう遠くからいらっしゃるみたいです!
前回は関西から!の方もいました。
今回は北関東から、とか。


昔に比べて、ずいぶんメジャーになった米粉。
でも米粉パンの教室は、そんなに沢山はないです。

もちろん以前から活動されてる有名な米粉の先生もいらっしゃいますが、
そういう先生のレッスンは、一瞬で予約がうまってしまうことも。

今回は習いたい内容のレッスンが、たまたまタイミングよく申し込めてとってもラッキーでした!


いざ、レッスン

まず先生から順に簡単に自己紹介。
米粉に出会ったきっかけを話す、というお題でした。

わたしのように子供のアレルギーがきっかけという人。
ご自身が小麦アレルギーになってしまった人や、お仕事でヴィーガンの食品を扱う方など。

ずっと趣味で小麦のパンを焼いてこられて、米粉まで広げたい!という方も。


そして、調理開始です。

混ぜ方ひとつとっても、勉強になります。

先生がプリントを用意してくださるので、そこにメモしながら作業。


ただ混ぜて焼く、だけじゃないんです。
わたしの米粉スイーツは、混ぜて焼くだけのが多すぎ…

ひとつひとつの工程に理由があるというか。
だからといって面倒な手間ばかりというわけでもなく。

美味しく焼くポイントを教えてくれるレッスン。

そして出来上がった食パンがこちらです!
EB891206-49DA-4FB5-8EB3-8BFDDEA6936C.jpeg
美しいでしょ!うすーくカットできました!


この食パンを食べた子供たちの反応。

「・・・これ!!!これは、パパやママが食べてるパンみたいなやつ!!!」

「おいしーい!明日の分ある?」


とっても喜んでくれました。
わたしも嬉しい。

米粉でパンが焼けるようになると、給食の代替えにも気軽に使えるようになりますね!

わたしは、自信のなさからまだパンを持たせられずにいるのですが…笑

がんばるぞー!

この記事へのコメント

スポンサーリンク