【レシピ】米粉クッキーを作るときのポイント

6C616A6A-6EB2-4C92-90E6-859B5ACD95DD.jpeg

寒い!寒すぎる。
でも冬服はスカート+タイツが多め、やっぱり筋トレ頑張ろうと心に決める、アレルギーっ子を育てる働くママramoです、こんにちは。

昨日Twitterに載せた米粉クッキー、いいねや質問をたくさんいただきました!


ありがとうございますー!

ひっそり始めたTwitterだったので、絡んでもらって嬉しいです。

そうだよね、おやつにクッキー、アレルギーっ子だって食べたいよね?
しかもそれが、子供と一緒に作れるくらい簡単なレシピだったらいいよね?

なので今日は米粉クッキーの作り方と、ポイントなどを色々書いてみます!

スポンサーリンク



まずはミッフィーの型の話

Twitterでこの型が可愛い!と言っていただきました。
そうなんです〜!
可愛い型があると、それだけでお菓子作りレベルが上がった気分。

テンション上がりますよね〜!

うちの娘もミッフィーが好きで。
赤ちゃんの頃からキャラクター物をミッフィーで統一してきた甲斐があったわ。

ただわたしが買ったのはずいぶん前で、同じものは売られていない模様。
その後継みたいな型がこちらです。


パン用抜き型ですが、クッキーも大丈夫そう。
大きいミッフィーができますね。

あとこれ。

これは、たくさんの型がセットになってておすすめです!

Twitterの写真に載せたお花の型は、シュガークラフトの型を使ってます。

クッキー型よりも繊細な形がたくさん。
お花も花びら多め。

cottaという製菓材料のお店で買いました。

いつも買っているお店でシュガークラフトの型を探せなかったんですが、
こちらにたーくさん売っているのを発見。

シュガークラフトの型は小さいものもたくさんあるので、
お弁当でチーズを型抜きしたりするのにとっても便利!

あとね、輪切りバナナを抜いたりもできます。

cottaさんは、下記のリンクから直接会員登録した方限定で、3,000ポイントもらえます!



バターの代用になるもの

これも、ご質問いただきました。
乳アレルギーだと、バター使えないですもんね。

バターの代用としては、
・なたね油
・太白ごま油

など、植物性の油が代用できます。
ただ風味が変わるので、植物性の油を使う場合、わたしはバニラオイルを数滴垂らしたりしてます。


ちょっとここで、わたしが以前ブログに載せた分量をおさらい。

【関連記事】
『【レシピ】米粉クッキー☆卵・小麦不使用!』

分量を

  • 米粉 160g

  • 無塩バター 80g

  • てんさい糖 50g

  • 牛乳 大さじ1


としました。

牛乳は、豆乳に置き換えてもOK。
糖分も、普通の白砂糖でもいいし、なんでも。

ところで本来なら、ショートブレッド的なクッキーって、
牛乳を入れなくても作れるんです。

例えば

  • 米粉 160g

  • 無塩バター 100g ※20g増

  • てんさい糖 50g



これでもOK。
どっちも、クッキー。

じゃあ違いは何か?


牛乳入り
バター少なめでできるのが、牛乳入りの方。
油分を少なくしたい人向け。

子供が食べるのに、油分が多すぎるのはどうかなーと思って。
この配合にしています。

仕上がりは、ちょっとしっとりめのクッキー。
ソフトクッキーっぽくなる。
焼き時間を増やせば、パリッとしますが。


牛乳なし
牛乳なしでもできるんです。
でもですね。
米粉・バター・てんさい糖だけのクッキーは、成形の時にまとまりにくいです。
なので油分を増やして、接着剤のような役割をしてもらいます。

仕上がりはサクサク、ほろほろ

大人なら、こっちの方が食感としてはいいんじゃないでしょうか?

ただね、牛乳なしレシピは型抜きが大変だと思います。

包丁でカットするか、手でまるめるか、なら割とまとまりますが。

お子さんに型抜きの楽しさを味わってもらうには、
ちょっと生地が崩れやすいので注意!


製菓用米粉の話

どんな米粉を使ってますか?
同じレシピでも、米粉の種類によって、出来上がりは変わってくるかなぁと思います。

最近は米粉ブームがきてますね。

米粉を使ったパン(よくあるのは、小麦粉に米粉がプラスされてるやつ!)を見かけたり。
スーパーでも米粉が買えるようになりました。

これってすごいことですよねー。
とりあえず「米粉」の存在が認知されている。

それだけでも、アレルギーっ子を育てるわたしとしては嬉しいです。


ミズホチカラ

米粉の中でも有名なのはミズホチカラかな?
上のレシピも、普段はミズホチカラを使って作ります。

写真が載せられず…
ミズホチカラは、米粉に適した品種として、熊本県などで栽培されている稲の種類。

お米をそのまま食べるんじゃなくて、初めから米粉のために開発された品種なんですって。
ちなみにミズホチカラは製菓用米粉も、パン用米粉もあります。

なんというか、粒子がとにかく細かいです。

だから?
米粉パンがふっくら仕上がります。
まぁ、わたしは修行中の身なので、来月も米粉パンのレッスンに行ってきます!


ここまで、抜き型の話からミズホチカラまで、まとめでした!
Twitterにいいねをくださった皆さん、ありがとうございました(´▽`*)

この記事へのコメント

スポンサーリンク