米粉でふわふわのスポンジケーキをつくるときのコツを発見!

IMG_7924.JPG


アレルギーっ子を育てる働くママramoです、こんにちは。
クリスマス間近ってことで、米粉のスポンジケーキを作る練習をしています。

誕生日やクリスマスのたびにケーキを作ります。
これに関しては、わたしが家庭的とかでは全くないです。

卵・小麦アレルギーの娘も安心して食べられるケーキを作りたくて、
本番が近づくとちょこちょこスポンジを焼いて練習。
わたしのように不器用でも、練習すればそれなりにできるようになります!


でね。
今週は幼稚園にケーキを持って行く日があり、焼きまくってるわけ。
そうしたら、大発見したことがあるのですよ〜!
今日はそれを記事にします!

スポンサーリンク



米粉でふわふわのスポンジを作るのに必要な「豆乳メレンゲ」

まずはこちらの記事をご覧ください。
昨年書いたものでございます。

『【レシピ】誕生日やクリスマスに!米粉のふわふわスポンジケーキ!卵・小麦不使用』

これは、米粉のスポンジがうまくいかなくてもがいていた時に「豆乳メレンゲ」なるものの存在をネットで知り、
何度か試してみて落ち着いたレシピです。


で、この記事の材料のところに書いてる「大豆成分10%以上」のとこ。
これをクリアしてて身近で手に入る商品が「スゴイダイズ」だったわけです。


いつものように、スゴイダイズを買おうとした時にふと目に入った、小さいスゴイダイズ
その名も「スゴイダイズ125」。

豆乳ってすぐ傷むし、これを2つ買って作ろう〜!
と思って作ったスポンジが。

今までにないほどの素晴らしい出来栄え!

分量とか作りかたは全く変えてないんだけど、
もう、ふわっふわに出来上がりまして。

わたし、天才?と思う仕上がりだったのです。

余った豆乳を飲んでみると、いつものスゴイダイズより濃い!!!
ナニコレ美味しいわ。

なんとスゴイダイズには「大豆固形分14%」の商品があったんですよ!
商品の詳細はスゴイダイズ公式サイトをご覧くださいね〜!


IMG_7922.JPG


わたしが天才なんじゃなくて、この豆乳がすごかったと判明

大豆固形分14%以上を実現してる豆乳、わたしは他に知らないんですが。

豆乳メレンゲって、普通のメレンゲよりも繊細というか、見極めが難しいんじゃないかと思います。
過去記事に「目安3分」と書いたけど、
作り始めが冷たい豆乳なのか、室温なのか?とか。
色々な要素があるし、一言で3分とは言えないんですけど。

冷たい豆乳で始めたら、実際もう少しかかると思ってください。
特に真冬。
でもやりすぎはダメです。やりすぎると、焼いた時にぶわーっと膨らむんだけど、冷めると縮むの。


同じ条件で大豆固形分10%の豆乳を使ったメレンゲと、
大豆固形分14%の豆乳を使ったメレンゲを比べると、
なんとなく、14%の方はキメ細やかなのに弾力がある感じ。

あとから米粉を加えたときの混ざり方も、なんとなく違う感じがする!

すごく、馴染むっていうか。


そして焼いた時の膨らみ方にも変化。
なんか均等に膨らむ。

あ、でもこれはたぶんオーブンの癖もあるかも。


あと、表面の「割れ」が少ない気がするよー!


食感はとにかくふわっふわです。
軽い。柔らかい。
米粉の重さみたいなのは感じません。

なんならスポンジ1こ丸ごと食べられそう。


いや、わたし絶対こっちの方が好きだわ!と思いました。

豆乳メレンゲを作るみなさん。
「スゴイダイズ125」は、よいです!!!
米粉のスポンジが作りやすいです!

ほんと、こういう商品なくならないでほしいです。
ビバ、スゴイダイズ!

この記事へのコメント

スポンサーリンク