アレルギーっ子も新学期が始まりました

IMG_6005.JPG


こんにちは、新学期が始まって2週間が経ちました。
娘は早速風邪をひいて、すでに1日お休みしてしまいましたが、その後は元気に通っています。

スポンサーリンク



新学期早々、アレルギーに関する面談をしていただきました

アレルギーっ子の親御さん、やはり新年度は面談しましたか?
担任の先生も変わるし、クラス替えもあるしで心配だったのもあり、以前から面談をお願いしていました。

給食が始まる前に…とのことで、新学期が始まってすぐに面談の時間を取っていただけました。
メンバーは全体の主任の先生、新しい学年主任の先生、担任の先生、調理師さん、そしてわたし。

娘は完全にお弁当なのに、なぜ調理師さんも参加してくださるかというと…

毎日のお弁当は親が調理室に預けることになっているのと、
給食以外の食育イベントで調理室で切ったり茹でたりした野菜などを食べることがあり、
コンタミネーションの問題や可能なことの確認のためです。


面談の内容

話した内容は以下の通り。

  1. 入園時(1年前)に提出した資料に変化がないかの確認

  2. 【幼稚園側から】昨年と今年で変わることの内容確認

  3. 家庭から幼稚園側にお願いしたいこと




幼稚園側からは、
年少から年中になると生徒に対しての先生の数が少なくなるので、ほんの少し目が行き届きづらくなるよ、というお話がありました。
1クラスの人数も増えるので、担任の先生は負担増です。

そうですよね。
わかります。

でも給食の時には、これまでと同じような対応(娘だけ別テーブルで、先生が1人つく)をしてくださるということでした。


行事のこと

年少の時には見ているだけだった行事も、年中は積極的に関わったりすることが多くなると聞いていました。
なので【具体的にどんな行事で何をするのか?】確認しました。
でも行事に関しては、そのたびにひとつひとつ確認しながら、これまで通りできることとできないことをリストにして共有していきましょう、ということでまとまりました。

食育に関する行事の多い幼稚園なので、
例えば、野菜を切ったりするのはOKだけど、調味料を加えたりはNGなど。
(カレーとかね)

ちなみに幼稚園で作った野菜でカレーを作る、という体験学習が毎年あるのですが、うちはもちろんカレー持参です。



今年じゃないけど、来年の宿泊行事についても聞いてみました

来年の話ですが「お泊まり保育」なるものがあります。
懸念事項です。

「これまでアレルギーとか、飲み薬が必要なお子さんはどうされてましたか?」
と質問してみました、とりあえず。

食事はアレルギー対応(=除去食)をしていたけれど、軽度なアレルギーのお子さんだったので、うちは持参してもらうことになると思う、とのこと。
ですよね、わかります。

そして投薬は基本的にできない、とのこと。
ですよね、そうだと思いました。
(娘は朝晩、お薬を飲んでいます)

「親御さんに食事の時間に待機してもらってお薬をあげてもらうか、その晩だけなしにするとかは…できないですよね?」と。

うーん、なしにはできないですね…
待機ですね。


「お風呂上がりの塗り薬とかは…?」
「それも、その日はなしにするとかは…?」

それも、なしにはできないですね…
ハイ、待機ですね。


「花火の煙がすごいんですけど、大丈夫ですか?」
煙や埃はアレルギーを誘発することがあるので、ちょっと難しいかも…


ここまで話した時点でのわたしの心の声。
ハードル高そう〜


最終的には、
「お風呂に入らないで夜は家に帰り、次の日の朝また連れて来てもらうっていうのはどうでしょう?」
とご提案いただきました。


娘にとって1番いいのは???
ここで、「どうするのが1番いいんだろう…」と思いました。
食事も別のもの、花火の時は避難、お風呂も入らない、夜は自宅に帰る。

もし自分だったら、家族で旅行したりとか、もう全然違う楽しいことしたいな〜なんて。思わなくもないというか。
あくまでも大人の、わたし個人の意見です。

娘はどうなのか…わかりませんが。
まぁ来年の話なので、それまでに娘にとって1番いい方法を考えたいと思います。


IMG_6006.JPG


アレルギーっ子育児はこういう葛藤の連続ですね

アレルギーっ子じゃなくても、育児中の親御さんはみーんなそうだと思うのですが。
毎回立ち止まって、かなり考えてしまうわたし。
本人の意思も確認しつつ、でもまだまだ、親がジャッジすることがほとんどです。

今回の面談でも思ったのですが、
コミュニケーションは本当に大切だなぁと。
やっぱりなので。

顔を見て会話を交わして、やり取りすること。
そういうの得意じゃないですが、なるべく前向きに取り組もう、と決意を新たにした新学期です。

この記事へのコメント

スポンサーリンク